2013年06月13日

先週のForex POOL成績(6/3〜6/7)

ファンドマネージャーからの報告を転載いたします。

以下成績===========

6月1日運用開始分 (括弧内は先週の損益)

BB (BBx1)  +0.42 % (+0.42 %)
EF (BBx3)  +1.23 % (+1.23 %)
HF (BBx5)  +2.07 % (+2.07 %)

DH (DHx1)  -0.07 % (-0.07 %
WH (DHx2)  -0.14 % (-0.14 %
TH (DHx3)  -0.20 % (-0.20 %

OL (D3B5)  +0.36 % (+0.36 %)
PE (FXOP)  0.00 % (0.00 %)

成績ここまで===========

BB系が気絶級!絶好調です。
半期終わる前にもうトータルで23%を超えました。手数料差引前ですけど。

反面、DH系の不調が気にはなりますが・・・
でもトータルはプラスなので、いつもの好不調の下の側にある、と思ってDH系は我慢の時、と思っておきます。

でも今年は本当にBB系は凄いですね。
やはりドル円でしっかりとしたトレンドが出ると、ここまで強いのか・・・!と思わずにいられません。

これでトレンド出まくり&スワップ派ウハウハの状況がきたら・・・POOL盤石時代になるんですけどね。

※FXWIZのWEBサイトで新規募集などの案内がありません。
もしPOOLを始めたい、という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。
繋ぎますよ。


先週までの年間の週間累計ではこのようになりました。

HF  14勝7敗  13回トップ  +23.56 %
TH  18勝3敗  7回トップ  +3.72 %
OL  16勝4敗  0回トップ  +8.55 %
PE  5勝3敗  1回トップ  +5.98 %
(2013年1月第1週目からの年間集計、損益は手数料徴収前)

リアル自己資金運用です!ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 10:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

先週のForex POOL成績(5/27〜5/31)

ファンドマネージャーからの報告を転載いたします。

以下成績===========

5月1日運用開始分 (括弧内は先週の損益)

BB (BBx1)  +1.36 % (+0.31 %)
EF (BBx3)  +3.95 % (+0.91 %)
HF (BBx5)  +6.67 % (+1.51 %)

DH (DHx1)  +0.03 % (-0.13 %
WH (DHx2)  +0.06 % (-0.26 %
TH (DHx3)  +0.10 % (-0.40 %

OL (D3B5)  +1.66 % (+0.06 %)
PE (FXOP)  -0.04 % (0.00 %)

成績ここまで===========

BB系は第3週の負け分を取り返して5月を終了してくれました。
言うことなしです。

DH系は残念、OLは利益を何とか確保できたので十分でしょう。


※FXWIZのWEBサイトで新規募集などの案内がありません。
もしPOOLを始めたい、という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。
繋ぎますよ。


先週までの年間の週間累計ではこのようになりました。

HF  13勝7敗  12回トップ  +21.49 %
TH  18勝2敗  7回トップ  +3.92 %
OL  15勝4敗  0回トップ  +8.19 %
PE  5勝3敗  1回トップ  +5.98 %
(2013年1月第1週目からの年間集計、損益は手数料徴収前)

リアル自己資金運用です!ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

先週のForex POOL成績(12/17〜12/21)

ファンドマネージャーからの報告を転載いたします。

以下成績===========

12月1日運用開始分 (括弧内は先週の損益)

BB (BBx1)  -0.12 % (+0.32 %)
EF (BBx3)  -0.35 % (+0.93 %)
HF (BBx5)  -0.57 % (+1.63 %)

DH (DHx1)  +0.20 % (+0.12 %)
WH (DHx2)  +0.39 % (+0.24 %)
TH (DHx3)  +0.57 % (+0.34 %)

OL (D3B5)  +0.30 % (+0.66 %)
PE (FXOP)  0.00 % (0.00 %)

成績ここまで===========

第3週まででBB系は微損まで戻しました。
私としたらもう年末なので年内の取引は終わりでもいいと思いますが、でもファンドマネージャーはきっちりやるんですよね・・・いつものように。

ぜひ、BB系がトントンくらいにまで戻してくれたらいいな、と思います。

でも・・・
ドル円のショートで越週した、というのが不安・・・ orz


※FXWIZのWEBサイトで新規募集などの案内がありません。
もしPOOLを始めたい、という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。
繋ぎますよ。


先週までの年間の週間累計ではこのようになりました。

HF  28勝19敗  20回トップ  +24.15 %
TH  40勝7敗  18回トップ  +14.28 %
OL  35勝12敗  0回トップ  +16.87 %
PE  9勝6敗   7回トップ  +38.79 %
(2012年1月第1週目からの年間集計、損益は手数料徴収前)

リアル自己資金運用です!ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

POOLの凄さ2

今日はForex POOL−BBの凄さ発見!

言葉よりもイメージの方が早いと思うので、まずはグラフをどうぞ。
image.png
(クリックで拡大)

これはBBの月間損益グラフです。

これを見るとスタートした年の2008年は別格の強さでしたが、2009年以降は落ち着いて平均的に1%弱で推移していることがわかります。

象徴的なのは、EFがスタートした時でしょうか。

明らかにそれまでのレベルではなく、1段階レバレッジを下げたかのような状態になっています。
これはEFを出したことで、トレードがその分だけ保守的になったことを意味するのだと思います。

しかしHFがスタートしても、明らかにガタンと下がるような事にはなってません。
確かに2012年は1%超えがやっと11月でしたので感覚的にはBBは低調、と感じるかもしれませんが、チャートで言えば2010年から続くボックス圏のような感じがありますので、安定したレベル、といえるのだと思います。

POOLの基礎というか基本はこのBBです。
BBがあるからこそOLが光るし、PEもこのBBのロジックがベースとなっています。
なのでBBがすべて、と言ってもいいと思うくらいなのですが、まあ安定的といえるでしょう。

EFはBBの3倍レバ、HFはBBの5倍レバなので、グラフ化はしませんでしたがもし関心のあるかたはこのブログの過去ログからデータを引っ張り出せばすぐにエクセルで同じようなグラフを作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

そして最大のメリットはやはり昨日書いたように負けが少ないこと、ですが、負けたときの傷の浅さもこのグラフで見て取れます。

BBの最大損失は、マイナス1%を超えて損失を出したことがありません。
過去最大は2011年8月の−0.87%です。
1000万円を入れていても8万7千円のマイナスでしかないので、まあこれだけ見たらカッチカチに硬い、と思えます。

「過去最大DDは更新されるためにある」

という有名?な格言がありますので今後は今まで以上の苦しみが待っているかもしれませんが、でも過去データは今後を占う鍵ですので、注目していいと思います。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 09:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

POOLの凄さ1

先日のコメントに、

「 POOLそんなに、凄いのですか!? 」

と書いていただいたのですが、まあ凄いかどうかというのは感情的なものとかが入る表現なのですが・・・私的には十分、「凄い」。

数回に渡るかもしれませんが、POOLの凄さを再認識してみたいと思います。

まず今回は、勝率の高さ、から。

●勝率 過去4年間
BB系 86.44%
DH系 98.31%
OL 100% (笑
PE 91.53%

※勝率については、あくまでも月間成績の勝率です。
つまり、1年12ヶ月のうち、月間成績で6ヶ月は勝ち、6ヶ月負けると50%、9ヶ月勝ち、3ヶ月負けると75%、という感じです。
なのでこれはトレード毎の勝率ではありません。
過去全期間の勝ち月数と負け月数から計算しました。

●月間平均利益率 過去4年間

BB 1.23%
EF 1.62%
HF 1.85%
DH 0.94%
WH 1.02%
TH 1.20%
OL 1.40%
PE 1.64%

※ハイレバのEF、HF、WH、THについては、平均利益率が倍率通りになってませんけどこれは運用期間が違いますので全期間の平均値では上記のようになります。
同じ期間で平均を取ると、ほぼ倍率通りになります。

上記のことで何がわかるかというと、高い勝率ということはマイナス月の数が少ない、ということを意味しますので、かなり安心して見ていられる、ということに繋がります。

例えば年間利益が15%のファンドが2つあったとします。

ひとつは利益月がだいたい年間7〜8ヶ月、損失月がだいたい4〜5ヶ月くらいあり、年間15%。
もうひとつは利益月がだいたい年間10〜11ヶ月あり、損失月がだいたい1〜2ヶ月あり、年間15%。

前者は損失月も結構ありますが、年間15%ですと利益月はそれなりに大きい利益を確保している、ということになるでしょう。
後者はマイナス月が少ないので獲得した利益があまり失われません。なので毎月の利益は少しですが、それが年間で積み重なる、というイメージです。

皆さんならどちらのファンドをより魅力的だと感じるでしょうか?
私は明確に後者です。

つまり勝率が高い、ということは荒れ気味の相場の中でもそれなりに臨機応変な対応ができる、ということと、そしてしっかりとした方針をもってカチッと運用している証拠でもあると思います。

そういったことが見えてくるのが月間平均利益率ではないでしょうか。

となると安心して資金を預けられますし、思わぬ大損で資金喪失の可能性も低い、と考えていけますからね。

明日はもう少し細かいデータにて。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 14:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

POOLを異常とみるか、有能とみるか。

先日の投稿にコメントを頂きました件で今日は書きます。

Pool絶賛ですが逆の見方は無いんでしょうか?
ほとんどのマネージドアカウントが利益を上げて
いないのに、Poolのみ好調であることを不思議に
感じないのはなぜでしょう。
Poolのみ異常と思うのが普通ではないでしょうか。

万が一裏切られた場合、音有さんはどのような説明
をされるのかな。そうならないことを祈るのみです。

そういう私も資産の5パーセントをPoolに預けていま
す(笑)



POOL絶賛ということですが、成績をきちんと出している運用者を褒める、感謝する、ということは当然というか、極めて自然な感情だと思います。
成績が悪い運用者のことを悪く思うのも同義です。

ではなぜPOOLのみ好調なのでしょうか?
いや、それは違うと思います。

FXはゼロサムゲームなので全員が負けることはあり得ません。
負け組の悔し涙と同量の勝ち組の嬉し涙があります。

もっと言えば裁量トレードで勝てている人はたくさんいらっしゃることでしょう。

多くのマネージドアカウントが負けているからといって多くの裁量トレードで勝てている人のことを疑うのは的外れです。

多分このコメントの底には勝てていることを疑問視するのではなく、

「多くのマネージドアカウントが負けているのにPOOLだけ勝っているのはおかしい。詐欺では無いか?」

というFXWIZの信用面のことを言いたいのだと思います。

FXWIZの信用面についてはこのブログでもしつこいほど過去に書いてきましたが、特に最近読み始めた方で過去に遡って見ていらっしゃらなければそういった記事を読んでいない方もいらっしゃると思います。

詳細はもし時間がありましたら過去記事を遡って読んで欲しいのですが、私の現在の考えは確定しています。

まず、99%まではFXWIZのことを全面的に信用しています。
なぜ99%なのか、という理由はそれこそ過去記事を読んで欲しいのですが、問題は残りの1%です。

残りの1%はどうやっても埋まらないと思っています。
なぜなら、会社である以上倒産という可能性はゼロではないですし、FXWIZの先にあるFX会社に問題が発生する可能性もあるからです。

私はただ単にお金を預けて「安心だと思うように自分に言い聞かせる」というタイプの人間ではありません。
自分の力でできる限りのことは調べました。
調べた結果、99%までは信用を置いていいだろう、と私自身が判断したのです。

ただしこれだけは強調しておきますが、私のこの判断を他の人に押しつける気はありません。
同時に私が信用を置く判断をした材料の提供もしません。
なぜなら、投資は自己責任だからです。
私が提供した材料を受け取った人がその材料を元に判断して投資を行い、万か一にも詐欺みたいなことになってしまった場合、私に責任を押しつけられても困るからです。

このブログではPOOLのことを褒めています。
当然です。
利益をあげてくれている訳ですし、出金対応もキチンとされています。
疑う理由はありません。

もしFXWIZが怪しい、詐欺かもしれない、と思われたならぜひその根拠を教えて下さい。

「他のマネージドアカウントが負けているのにPOOLだけが勝てているから怪しい」
というのはちょっと違うとは思いますが・・・

あと、万が一裏切られた場合私がどういう説明をするのか?ということに関してですが、説明なんかしませんよ。
私はFXWIZの関係者ではなく、単なるひとりの投資家ですし、万が一のことが発生した場合は私も「被害者」です。
なので私のブログを見てPOOL投資を決めた方がいらっしゃいましたら、このことはよく理解しておいて下さい。

投資は自己責任です。
私は誰か他の人の責任までは背負いません。

応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 09:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

POOL:ドル出資と解約時の税金

質問をもらいました。

質問内容は、ドル建てPOOL解約時に出資元金と利益に対してどのように税金がかかるのか?というものでした。

まあ私は税務署員や税理士ではないので責任を持った回答はできませんが、私の知る限りでは以下のようになると思います。

まず、銀行の外貨預金ではなくて外国の投資会社に入れた資金の為替差益は雑所得になると思います。

そして外国の投資会社で運用した利益も雑所得となります。

一般的に雑所得同士は損益通算ができます。
損益通算とは、損失と利益を合算して計算できる、というものです。

つまり、為替差益の損益と運用利益の損益の2つを足して税金計算する、ということになります。

ということは以下の計算式が当てはまると思います。

元金=為替差益、運用結果=利益。元金の為替差益+運用利益に課税される。

元金=為替差益、運用結果=損失。元金の為替差益を運用損失に穴埋めして残った利益があれば課税される。

元金=為替差損、運用結果=利益。運用利益で元金の為替差損を穴埋めして残った利益に課税される。

元金=為替差損、運用結果=損失。そもそも課税されない。

プラマイゼロ、ということもあり得るとは思いますが・・・省きました。
2つの損益を足して計算する、という原則が分かれば簡単ですよね。

ただ、皆さんが税申告するときは必ず税務署に聞いて確認してからやってください。
私の記事が間違っていたとして、責任取れないッス。

おっと、有識者の方。
もし間違ってたらコメントで突っ込んで下され。

応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 10:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

そういえばPOOLの過去実績表って・・・

「POOLを始めようかと思ってますが過去の実績一覧表みたいなものはないですか?」

と、先日とある方から言われたのですが・・・

そういえば無いですね!

私が今までに投資してきた内容なら毎月の損益を記録してきましたが、私が手を出してこなかったものについては残っていません。

実は以前のPOOLのWEBサイトでは表示されていたんですよね。

しかし今はそれも見られず、です。

ということで早速ファンドマネージャーに連絡して実績表を下さい、とお願いしました。

私は投資し始めてからいつも身近にForex POOLがあったので気にしたこと無かったのですが、そう言われてみればまったくその通り、と言うしかありません。

もし私が手に入れましたら、ご希望の方にはお送りしようと思います。

このブログで一覧表を表示するのは・・・流石にFXWIZのブログではないので問題があると思います。

なので広く公開するのはFXWIZに任せて、私は希望する方にのみ、お送り出来ればと思います。

ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 17:50 | Comment(2) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

いざ!HF

やっとこさHFの単独申し込みの用意ができまた。

今回はUSドル建てで出資するつもりでしたので、500万円相当となる約64000ドルを送金しました。

ただ、9月18日からの運用には間に合わないと思いますので実際の運用は10月1日からとなると思います。

色々なマネージドアカウントを試しましたが、やはりPOOLの強さはハンパじゃない、ということがまず身に染みて分かりました。

これはマネージドアカウントがどうこう、ではなく、単純にPOOLのファンドマネージャーが優秀、ということが理由ではないかと思います。

世の中稼げないファンドはゴロゴロしています。
日本の投信成績を見て頂くと分かりますよ。
10000円の基準価格を下回ったものがたくさんあります。

例えば基準価格が3000円の投信があったとして喜んで投資できます?
私なら3000円まで負けたんだからこれからも負けるだろう、と思います。
逆張り好きなら、3000まで負けたんだからもう上昇するだろう、と考えるのでしょうか。

ただ、いくら優秀なファンドマネージャーでも8月のBB系のように負ける月もあります。
8月だけを見て手を出さないか、それとも長期の成績を見て考えるのか。
それは人それぞれですが、でも8月1日から運用を始めた人はさすがに焦りもしたでしょうね。
逆に私などは8月1日までに資金調達が間に合わなくて伸びたことに感謝する気持ちではありますが。

しかしこれ、結局長期投資を前提とするなら誤差みたいなものに終わる可能性もあるわけです。
短期で言えばまずは9月に8月のマイナス分以上、プラスが出ていればOKな訳ですからね。


今回のHF出資によって私の目指していた分散が逆に集中、というような事態になっています。
これを不本意というのか、それとも集中できる運用先があるだけめっけもの、というのかわかりません。

しかし、2011年のHFの成績を見ていると、やっぱり強烈なんですよね。
私の記事の週間損益記事の下に年間集計を出していますので見て頂くと分かりますが、HFは1月1日から9月9日までで+34%ですから。

手数料を差し引いても+20%以上の利益率です。
しかもあと3ヶ月半あります。

今からHFに参入する、ということは決して遅い決断とは思ってません。
500万円の壁って強烈に大きいわけですよ。
その資金の用意が先日までにやっと何とかできたからこそ、参入を決めました。

10月の成績から、ブログ脇の月間損益も出していくことになると思います。
お楽しみに。

ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 09:48 | Comment(2) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

HF、はじめます

HFを始める準備が整いつつあります。

さすがに資金的な敷居が高いので、今まで時間がかかりました。

私の場合は更にほとんどすべての手持ち投資資金をUSドルとして持ってますので、USドルでHF投資を行いたいと思ってます。

今、円転するつもりはありません。

8月1日からは間に合わないので、8月半ば頃からになるとおもいます。

HF出資が実現すると、私のPOOL出資内容のうち、HFとTHに関しては理論上、

HF 40%
TH 60%

くらいとなります。

HF比率が高まり、リスク負担が若干増えましたが、THの抜群の安定性を生かして全体のバランスを崩さないような状況にはなっていると思います。

しかし・・・

やはりHFの敷居は高いですね〜!


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 11:27 | Comment(5) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

投資先の安定度&信頼性

先週土曜日、池袋で情報交換会を行いました。
これで都合3回、情報交換会を行いましたが、思った以上に参加者の意欲の高さに驚きました。

特に印象に残ったのはPOOLやマネージドアカウントではなく、皆さんのEA運用が熱心なこと、です。

EA運用は結構大変ですけど、大変だからこそ色々と情報収集されており、凄く関心しました。

今日の記事は投資先の安定性について、書こうと思います。

実は私はForex POOLに自己資金の7〜8割を入れていますが、POOLに入れている金額だけで言うと私の年収をかなり超えています。(金額はナイショです)

1%の損失でも多分、月収の半分は吹き飛ぶでしょうか。
逆に2%の利益が出ると、月収くらいは利益が出るかもしれません。
まあ私は高給取りではないので、ここで月収額を描いたら笑われそうなのですが・・・

なのでもし月間に5%もの損失を出す可能性がある投資があったとしたら、とても自己資金の7〜8割も入れられない訳ですよ。
5%の損失で2.5ヶ月分の月収が吹き飛んだらさすがに凹みますよね。

※POOLが5%の損失を出さない、ということを言っている訳じゃありません。


ということで大きなお金になるほど、利益率よりも利益の安定度、もっと言えば損益の変動率を重視しがちになってきました。
なので今はOLをやっている訳です。

ではEAや他の投資ではどうでしょうか?

例えば+5%の利益が出る月があっても、−10%の損失が出る月もある、となると、いったい幾らまでの資金をまわせるでしょうか。

さすがにPOOLと同等には考えられません。
−10%の損失、ということから−10%の損失額が幾らになるか、を計算してしまいます。
例えば−10%の損失額が自分の月収を超えてしまうと、精神的にかなり大きい負担になることは間違いありません。

なので私は損失額が大きめの投資先には、必ず小さい金額のお金しか入れられません。

3000ドルで−10%なら300ドルですが、3万ドルの−10%は3000ドルです。

−10%は受け入れられる、受け入れられない、という判断は結局のところ自然に金額ベース換算して計算しているのではないでしょうか。

その意味でも大きな運用資金を持っている人は、必然的に安定的な運用先、投機的な運用先、と分散するように思います。

儲けたい、という欲の裏側には、損したくない、という切実な願いが隠されている訳です。


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 11:18 | Comment(2) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

決定打!

緊急で記事書きます。

今まで何度かブログ記事の中で、

「POOLは99%、詐欺ではない。まじめにやってる」

と書いてきました。

実はとあるところからヒントを得て、そのヒントを元にして調べたところ・・・

「ファンドマネージャーはまじめで、決して詐欺ではなさそうだ」という証拠を掴みました!

これで私の中では、99.5%の信頼にピロリロリーン!とレベルアップしました!

この裏付けが取れれば、99.9%になると思います。
もちろん裏付けも取りますよ。



ただし、証拠内容はとても書けません。
書いて欲しいと思うかも知れませんが、不特定多数の人間が読めるブログなどでは公開出来ない内容です。
どういうものか、ヒントも書けません。

おっと、このことをファンドマネージャーに聞いても無意味ですよ。
ファンドマネージャーはこのこと、まったく知りませんので。


しかし、私が3年以上に渡って追い求め続けたものの結論がひとつ、出ました。


残りの0.01%は・・・それはナカナカ埋まらないと思います。
やはり100%というのは内部に入り込むしか達成できない数字だと思います。


これで今まで以上に自信を持って出資の継続と、ブログ記事書けます。

よかったよかった。


6/28追記:


多くの方から「内容を教えて下さい」と連絡をもらいました。
しかし・・・すみません。
メールであっても、内容は教えられません。

まずこの証拠のことですが、「詐欺師ではないという具体的な証拠」ではないんです。
詐欺師ではない、という具体的な証拠って究極的にはファンドマネージャーの心の中にしか無いので、あくまでも今までと同じく、状況証拠でしかありません。

状況証拠ですが、私はこれをもって、「状況証拠としては決定的!」と思った訳です。

内容を言えない理由もここでは書きません。
証拠内容については、私は棺桶にまで持って行きます。
もしファンドマネージャーに聞かれても、答えません。

あと勘違いしないで頂きたいのは、

「私こと音有が、POOLが詐欺ではないということを保証する、ということではありません」

投資判断、投資継続判断はすべて出資者、投資者の自己責任です。
私が99.9%詐欺ではない、と書いたからといって、0.1%の事が発生したとしても私は一切自分以外の出資者に責任は取れません。

それは皆さんも理解して下さっていると思います。

私が伝えたかったのは、状況証拠としてはかなり決定的なものですよ、ということだけだったんですよ。

なので大変申し訳ありませんが、個別で問い合わせをされても、お答えできないことをご了承下さい。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 16:01 | Comment(7) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

先週のForex POOL成績(5/2〜5/6)

ファンドマネージャーからの報告を転載いたします。

以下転載文===========

5月1日運用開始分 (括弧内は先週の損益)

BB (BBx1)  +1.11 % (+1.11 %)
EF (BBx3)  +3.39 % (+3.39 %)
HF (BBx5)  +5.55 % (+5.55 %)

DH (DHx1)  -0.01 % (-0.01 %
WH (DHx2)  -0.03 % (-0.03 %
TH (DHx3)  -0.04 % (-0.04 %

OL (D3B5)  +1.34 % (+1.34 %)
PE (FXOP)  +0.00 % (0.00 %)

転載文ここまで===========

BBが週間で1%超え!
最近では珍しほど大勝ちしていますね。

多分相場状況がBB系のロジックにビタっと合致しているんでしょう。

先月と先週だけで+16%ですか・・・(ウラヤマシー

頑張れ!DH


先週までの年間の週間累計ではこのようになりました。

HF  13勝4敗  10回トップ  +28.13 %
TH  13勝4敗  3回トップ  +8.02 %
OL  15勝2敗  1回トップ  +12.73 %
PE  4勝3敗  2回トップ  +4.15 %
(2011年1月第1週目からの年間集計、損益は手数料徴収前)


HF凄いね。もう+28%だって?あきれちゃうほどだね!と思ったらクリックしてね。
ブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 09:49 | Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

HF・TH・OL 1周年!

ズバリ、タイトル通りですが、昨年4月から始まったハイレバPOOLのHF、TH、OLが丁度1年経過しました。

私はOLに投資資金の8割という高いレベルで投入していますので、POOLの成績の善し悪しが私の投資全体の善し悪しを左右します。

ちなみにブログ右脇の運用成績は、昨年4月にOLへ200万円突っ込んだ口座の生記録です。

これだけを見てもらっても分かると思いますが、OLは昨年、全勝。

5月と7月は極小利益でしたが、これは逆にマイナスとならずに済んで良かった月、と理解します。


年間で+23%も稼いでくれれば、まずは御の字でしょう。

ちなみに3月度のPOOL全体での利益は、だいたい36万円くらいになりましたけど・・・

ALONの損切りがもの凄く響いてて、投資全体では若干のマイナスでした。

残念・・・

というか、ALON負け過ぎでしょ!まったく・・・

ALONの負けを残りの9ヶ月間、マネアカで取り返さないとならないですね。

長い道のりになりそうです。トホホ・・・


POOL賛成派はクリックしてね!
ブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ
posted by 音有 at 10:40 | Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

あらためて考える、POOLの出資条件

今年に入ってマネアカを真剣に色々と探しましたが、私がチェックしたマネアカとForex POOLの出資条件を比べてみますと・・・

今のところ、マネアカで多い条件というのは、

●最低資金 4000ドル(サークルランド)、1万ドル(その他いろいろ)
●成功報酬 20%〜35%
●資金拘束期間 無しか、もしくは最低1ヶ月

POOLはというと、
image.gif

現状、POOLの人気は偏っていて、レバレッジの高いプランが多いようです。

EF、HF、WH、TH、OL

EFとWHについては、条件が合えばHFとTHに乗り換えたい、という人が多いと思われます。

なので事実上、HF、TH、OL、ということになるのではないでしょうか。


しかし、出資条件を見ると、HFは最低500万円、THは150万円、OLは300万円です。

いずれも1万ドルから、というマネアカよりも随分と敷居が高い、ということが分かります。

しかし、それだけの実績と実力を持っていることも事実なので、この点については文句は無いと思います。

最も異なる点は、資金拘束期間ですよね。

レバレッジの高いPOOLは半年間、解約や出金ができません。
行うにはペナルティとして10%、負担しなければなりませんので、緊急でもない限りは解約しないお金を入れることになります。

つまり、それだけ敷居を高くしても人気がある、ということの現れでしょう。

でも、ファンドマネージャーの考えとしては、短期ではなくて長期で投資出来る人に参加してほしい、ということがあります。

短期で、1ヶ月、2ヶ月でやめたり振り替えたりする人ではなく、長期で、じっくりと取り組める人が望ましい、のでしょう。

結果として成功する人はそういう人なのかもしれません。

POOLは安定してますし、その安定が長期投資を可能とし、さらには半年の資金拘束を受け入れられる土壌を作っている、ということなのでしょうね。

他のマネアカをやってみると、余計にPOOLの優秀性が見えてきます。

ありがとう!ファンドマネージャー!


ブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ

まあどれでもいいのでクリックして頂けると、ありがたや〜です。

お読み頂きまして、ありがとうございます。
また時間がありましたら見に来て下さいね!
posted by 音有 at 14:02 | Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

ドルコスト平均法 for POOL

株は安いときにを買って高いときに売ると利益が出ます。

信用売りでも同じ。順番が違うだけです。

しかし、FXではどうでしょう?

FXでは安い、高い、という概念がありません。

いや、個人個人ではありますけど、ドル円の場合は83円が安くて81円が高い、というような妙なことになってきます。

厳密に言えばドルが安い、高いとか、円が安い、高い、ではなく、ドルと円を比較して相対的にどちらが割安か、割高か、というようなことになるのだと思います。

でも長期で見たら今は円が高い時期であり、ドルが安い時期なので安いドルを買い、高くなったら売る。

これで利益が出るはずです。

投資はだいたいこの理屈でOKなはずですが・・・

ではPOOLはどうでしょうか?

POOLの場合は投資信託などと違って基準価格がありません。

あるのは毎月の月が変わるときにポジションフリーになるので、毎月リセットされる、ということだけです。

つまり、多くの投資商品のように、割高だから控えめに、とか、割安だから多めに、とかの目安がありません。

ということは・・・

庶民投資家に最も人気のある投資戦術の一つであるドルコスト平均法が使えない、ということになります。

まあ最小出資単位が大きいのでそもそも積立は無理なんですけど。

ですがこれは逆にも言えます。

例えば、リーマンショックの際に落ちるナイフを掴めますか?ということです。

または、中国バブルが弾けそう、弾けそう、と喧伝されているときに中国株を買えますか?中国投資できますか?ということです。

実はPOOLには基準価格が無いので、そもそもそういった事とは無縁です。

非常に単純な仕組みなので、毎月月初、サインにしたがってポジションを持ち、サイン通りに売買して月末にすべて決済して決算する。

単にそれだけです。

そこには長期的な視野で資産を買い持ち、割安資産を買い持つ、という投資法とはまったく異なる方法であることがわかります。

つまり、いつでも投資できるし、撤退できます。

これ、かなり自由度が高い、と思いますけどどうです?
posted by 音有 at 17:50 | Comment(6) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

敷居が上がった!

既存の出資者にはファンドマネージャーから連絡が入ったと思いますが、今月からPOOLの敷居が上がりました。

続きを読む
posted by 音有 at 16:03 | Comment(10) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

遅れの件

12月の月報がまだアップされていません。

このことについて今日、

続きを読む
posted by 音有 at 20:40 | Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

益出し

ファンドマネージャーから先日、益出し処理についてメールが入ってましたね。

続きを読む
posted by 音有 at 14:59 | Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

気がつけば師走

もう12月になってしまいましたね。

続きを読む
posted by 音有 at 21:53 | Comment(10) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする