2017年07月31日

自然から得られる新しい発見って面白い

この前、日本で公園内を歩いていたら、ぱっと見は梅のような大きさの実を見つけました。


だけど梅の実じゃなくて、ブドウみたいに実が房のようになってる。
梅はこんな風にならないし、何の実だろう???

と思ってひとつもぎ取ってみました。
匂いは柑橘系の匂い、いいにおいです。

で、調べてみたら、クルミでした。

びっくり!クルミってこうやって実がなるのか!
全然知りませんでした。

種類はオニグルミで、実は美味しいそうです。
取ったクルミの外皮を剥いてクルミを出したけど、硬すぎて割れません(涙)

まあ1個じゃあ割って食べてもねえ・・・ということでそのまま机の上に置きっぱなしにしてます。

でもまあ置きっぱなしってのもツマラン、もう1個取って、大河の真田昌幸みたいに手の中でコリコリやりますかね?

写真見たい人はググって見てください。
posted by 音有 at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック