2017年01月22日

投資戦略を作る (3) 投資戦略に組み込む内容

投資という言葉の定義付けを、ご自身で行っておいたほうがいいでしょう。


「短期売買は投資じゃなくて投機だ」
「不動産投資も入れるべき」
「証券投資に限定した方がいい」

いろいろな意見があると思います。

私が思うに、どれを選んでもいいと思いますし、ご自身の好きなようにルールを決めればいいです。
そしてルールを決めて戦略を立て、スタートした後に変更しても全然構いません。
むしろ、一発で決まるルールなんて、なかなか最初からは作れないと思います。

ですが私の場合、これをやり始めてまる4年以上経過していますが、ルールは変えてません。

私が作った 「投資戦略に組み込む内容」 は、「すべて」 にしたからです。

仕事の収入も、こういったブログからの広告収入も(少ないけど)、POOLの投資利益も、その他色々と手を出している投資やその他からの収入も、すべて一切合切を入れてます。
こうすることで投資が振るわなければ仕事でカバーできるかもしれませんし、相乗効果をも狙えます。

まあさすがにカミさんの収入や子供の小遣いまでは入れませんが・・・

結局、何のために投資をしているかと言えば、何年か先に大きなお金を手に入れたいから、です。
大きなお金を手に入れる、という出口さえ見えていれば、その手段に大きなこだわりが無くてもいいでしょう、私の場合は、ですが。

しかし、これは私の場合であって、皆さんは自分で考えて内容を組み込んでください。
POOLだけでもいいでしょうし、株や不動産を入れてもいい。
積み立てを加えることは前回の記事でも書きましたし、自由に設計できます。

重要なことは、自分でプランを作り、道筋を見出すことです。

前回の記事を見て、自分なりの目標を作りましたか?
その目標を達成する方法として、何を使っていくのか。
それをここで決めてください。

※今見たら、また私の本が1円になってました!

FX投資でコテンパンに負け続け、詐欺にもあって辛酸をなめた男が海外ファンドで大逆転を遂げることができた本当の理由
posted by 音有 at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック