2016年09月01日

IFAというビジネスモデル

IFAというビジネスモデルを考えてみると、イコールそれはアフィリエイト、ということになりませんかね?

もちろん質も内容も違いますが、共通する点としては、

1.クライアントを運用ファンド(アフィリの場合は広告主)に繋ぐ。
2.報酬は運用ファンドから受け取る。IFAの場合は更に 「情報料」 という名目でクライアントから受け取る場合もある。
3.リスクは内部的なものに限る。つまり、投資運用損のリスクやファンドの信用リスクとは無関係。

となるでしょうか。
わかりやすく言えば、証券投資関連のビジネスにもかかわらず、運用損というリスクからは完全に切り離されているビジネスです。
ただし、運用損リスクは無関係としてもファンドの信用リスクについては、大きく影響されるはずです。

簡単な例をあげるとすれば、紹介するファンドが次から次へと破綻し、解散し、出金停止措置を取ったとしたら、顧客はどう思うでしょうか?
私の例ですが、私は今まで2件、IFAを通してファンドを買いました。が・・・その2件とも出金停止措置を取り、1件は出金停止から数年後に戻ってきましたが、もう1件は未だに未解決です。

「IFAはファンドの内部情報、健康状態、業界内での評判や比較など、色々な情報を持っているんじゃないの?こうなる前に何で察知して知らせてくれなかったの?」

というのが2件の事件で私が感じた疑問でした。

この2件の事件で私が感じたことは、投資ファンドが発行している表向きのパンフレットや過去の成績などを持っているだけのIFAに、あまり意味は無い、と思うようになった、ということです。

確かに珍しいファンド、日本人にはあまり知られていないような優秀なファンドに関する情報を持っている、というのは魅力に感じます。
しかし、やはり表向きの情報だけを広く持っている、というだけではもうIFAを信用する気にはなれない私がいます。だって、表向きの情報っていかようにも作れますからね。

私が次に投資を検討するのは、信用リスクが極めてゼロに近く、誰でもアクセスできる情報を元にした投資、ということで考えてます。

脱原発、じゃなくて、脱IFA。
POOLという太陽の周りを回る惑星を取り替えようかと考え中です。
posted by 音有 at 09:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分はPOOL信者なんですが、POOL辞めるんですか?
Posted by ファン at 2016年09月02日 20:42
>ファンさん
>
>自分はPOOL信者なんですが、POOL辞めるんですか?

いえ、私にとっての投資分野の太陽であるPOOLは、もちろんやめません。

ただ、太陽の周りを回る惑星的な位置づけの、その他の投資は変更していこうかと。

Posted by 音有 at 2016年09月04日 08:52
そういう事ですか!
自分は衛星を、排除して太陽だけにしました(笑
Posted by ファン at 2016年09月04日 14:41
私も小惑星をいくつも試みましたが殆ど
が爆発して宇宙の藻屑となりましたw
Posted by ふるたか at 2016年09月07日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック