2016年06月28日

世界の不安定要素

戦後71年。

世界には不安定要素がたくさんあり、煮詰まり度合いが凄いことになってる。

拡大政策から内向き政策へ転換したアメリカ、そして大統領選挙。
騙し騙しだったEUとイギリス離脱。
ISIS問題、シリア問題の深刻化。
チャイナとインドの国境紛争。
チャイナのチベット問題とウイグル問題。
チャイナの南沙諸島と東シナ海問題。
竹島と北方領土問題。
台湾とチャイナの問題。

こうやって書いてみると、半分がチャイナ絡みだ。

不安定要素が強まるほど、夜の闇が深まり、そして次の日の出、日本の日の出が近い、と思うのは私だけでしょうか?

ぜひ応援、よろしくお願いします。

posted by 音有 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック