2016年01月11日

Money Service Operators って何?

Money Service Operators のキーワードでググっても日本語の解説がないので、私が調べた範囲ですが書いてみます。


Money Service Operatorsというのは、香港にあるライセンスのひとつです。

まずはこの言葉から想像してみましょう。
"Money" ..... お金に関する何かのライセンス、と思われます。
"Service" ..... サービスと言われてもこの単語だけでは分かりません。
"Operators" ..... オペレーター、ですので、何かの対応をする人、ということでしょうか?

では実際に、ググッてみます。
すると、検索結果の1番が、"Licensing of the Money Service Operators" となってます。
1.PNG
URLを見ると、"www.customs.gov.hk" となってます。gov.hk は "香港政府関係" ですので、公式なWEBサイトっぽいですね。あとは、"customs" ですので税関関係、でしょうか。

つぎはこのWEBサイトを開いてみましょう。
2.PNG

”Licensing of the Money Service Operators (namely Remittance Agents and Money Changers)”
ビンゴ!、です。さすがはGoogle先生ですね。

ではこの "Money Service Operators" というライセンス、一体これは何なのでしょうか?
英語が苦手な人でも、翻訳サイトを使うことはできますよね。
まずはタイトルを訳してみましょう。

”Licensing of the Money Service Operators (namely Remittance Agents and Money Changers)”
”マネーサービス事業者(すなわち送金エージェントとマネーチェンジャー)のライセンス”(by Google翻訳)

はい、これだけでだいたいのライセンス内容が分かりました。
カッコ内が重要です。「送金エージェントとマネーチェンジャー」 のライセンス、ということになります。
言われてみれば、"Money Service Operators" というライセンス名からも予想できます。

ではこの 「送金エージェントとマネーチェンジャー」 のライセンスって何? ということですが、これは私の想像も含みますが、恐らくは

送金エージェント = ウェスタンユニオンなどの送金事業者
マネーチェンジャー = 香港の街中でよく見かける外貨両替ショップ

ということになるのではないかと思います。
つまり、「マネーに関するサービスを提供する会社」 ということで・・・・・なんだ、ライセンス名称と同じなんですね。

もしかしたらこれ以上の特殊なライセンス機能があるかもしれませんが、そこまでは調べてませんし、検索結果で開いた香港customsのWEBサイトも、詳細には見ていません。

しかし、Money Service Operators というライセンスの概要は分かりましたし、このライセンスが決して銀行機能などは持っておらず、銀行ライセンスとも異なることは分かりました。

「だから何?」 と聞くのはやめてねー・・・

英語のサイトもこうやってGoogle翻訳やYahoo翻訳を使うと、結構読めるものです。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック