2015年09月23日

詐欺かどうかの見分け方

メールで詐欺かどうかの意見を求められたので答えたのですが、
なぜかエラーメールが戻ってきましたので記事で書きます。

メールくれた君、自分のメルアド、間違ったんじゃない?


頂いたメールの内容は書かないでおきます。
まだその会社にお金を入れている人もいるでしょうからね。

ちなみに意見を求められた会社は、FXブローカーのようでした。MT4ダウンロード、とか書いてありましたし。

頂いたメールには、何かのPAMMだ、とのことでしたのでPAMMの場合はブローカーの信用性が、まずは問題となります。(もちろんそれだけじゃありませんが)

ではブローカーの信用性はどうやって判断すればいいのでしょうか?

というかこれ、私が書いた本でしっかりとノウハウを書き込んでいるんですけどね・・・・
でもまあ3年も前の本ですし、今更読む人もいないかな。
もし持っていれば97ページと216ページを読んで下さい。

ではメールをくれた人が書いていたそのFXブローカーはどうか?
私が自分自身の投資として判断するなら、217ページの条件判断で除外されるかどうか、わかります。
あ、97ページの判断でも分かりますね。こちらの方が簡単かもしれない。

ちなみに先日、私は新たなPAMMに契約しましたが、やはりこの信用判断を使って調べた結果、自分自身でOKを出しました。
もし将来、私の判断が間違っていて騙かされたのであれば・・・・それは自分自身の未熟を知ることになるでしょう。
しかし、そうならないことを祈ります。

もし関心があれば、ぜひアマゾンで・・・中古本としても激安なので・・・(爆

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック