2015年07月14日

マレーシア生活の金銭感覚

移住を考える人が気になるのは、やっぱり 「生活コスト」 ですよね。


マレーシア生活ですが、よく移住推進本などに、「コストは3分の1」 と書いてありますけど・・・全然嘘っぱちです。もっとかかります。

もちろんモノによってかなり違いますので一概には言えませんが、私の皮膚感覚で言えばおよそ日本の70%〜80%くらい、ではないでしょうか。

例えば生活に密着しているもので激安なものは、自動車関連コストくらいですかね。
ただし、自動車本体価格は全然安くないです。安いのは維持費です。
おっと、電車も安いです、が、私は全然使ってません。

生活に密着していないもので安いものはあります。
例えばソフトクリームが28円〜33円だったり、安い果物があったり・・・。あとマクドナルドも安いですね。安いセットだと200円くらいです。
ですが、普段の生活費でコスト安のメリットがないならあまり意味無いです。まあ高いよりはいいですが。


生活に密着しているものとすると、水道光熱費は日本の60%〜80%くらい。
ガス代はかなり安いのでコスト平均の押し下げに一役買ってます。
家賃も安いですが、これは平米単価が安いので、そもそもの賃貸価格は高いです。

食費では、どうしても日本の食品を手にしてしまうと高くなります。
これは外食でも同じ。Japanese Restaurantはぶっ高いっす。

医療費は高いですね。まあ高い病院しか行かないのですが・・・
なので旅行傷害保険に入った方がいいです。
もちろんローカルの、激安病院もありますが、行ったことないです。
4時間待って3分の診療、と脅されました。

マレーシアにくると日本で使っていたお金をかなり節約できるし、同じお金を使うなら家政婦さん雇ってゴルフ三昧の立地な生活、というのはちょっと難しいかな。
もちろん出来なくはないですが、そこまでの価格差は無い、と思ったほうがいいと思います。

つまり、マレーシアに移住すると生活コストがドカンと値下がりするので、とても金銭的に楽になる、というのは当てはまりにくい、といえます。

ただし、以下のように生活できる人は別です。

・外食しない。
・ローカル食材(タイ米とか)で生活できる。
・健康に自信があり、病院に行くことは無い。
・自動車を持たず、移動はすべて電車とバスで済ませる。

私には無理っす。海外生活者にとっては円高が待ち遠しい・・・

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア:居住編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック