2015年04月13日

海外移住の、生活面の事前確認

私はあまり考えずに海外移住、しちゃいました。

それはそれで私の場合は行き当たりばったり、ということでいいのですが、普通はよーく考えると思います。

では今更ながらに海外移住を考えてみましょう。


海外移住とはいっても大きく2つ、種類があります。

ひとつは会社の都合により、海外に引っ越しせざるを得ない場合。
これは移住する、という結論が先に出てますので移住するかどうか、ということと、移住先の国は決まっているはずです。

もうひとつは私のパターンですが、自分の意思で移住を決める場合。
つまり、「行かなければならない理由は無く、移住しても移住しなくても、どちらでもOK」 という条件下で移住を考える、ということです。

移住してもしなくてもいいので、多分ですが日本以外ならどの国でもOKかもしれません。

ここでは後者を前提に考えますが、この場合、まず考えなければならないことは、そもそも本当に外国に移住するのか?ということです。

よくあるパターンは、条件面だけを考える、というものです。
生活費は足りるのか?ビザは取れるのか?など、特に金銭と条件面ですね。
もちろん移住するならここをクリアしないとダメなのですが、もうひとつ重要なポイントがあります。

それは、実生活上の諸問題、です。

過去にこのブログでも書きましたが、お米は買えるのか?とかです。
他にもたくさん、細かいことがあります。

車は必要か? 車道は左通行?右通行? ガソリンの入れ方は? トイレに紙を流せるか? 
ゴミの分別方法は? 救急車は呼べる? 食料はどこで買う? お刺身は食べてもいい? 
お肉は切ってある?塊? 豚肉はどこで買える? 日本円を銀行に持って行って入金できる? 
郵便局はある? 公共料金の支払い方法は?

・・・あげればキリがありません。

もちろん全部を確認したうえで決める、などということはできないでしょうが、でも事前に確認できるものはしておいた方がいいです。
私が一番おどろいたのは、やっぱり道路事情、でしょうかね。

移住というと色々と考えないとなりませんが、そもそも異文化圏ですので、日本と同じと思ってスタートしない方がいいです。

ちなみに私はPENSONICというメーカーの扇風機を買ったら、1日で壊れて動かなくなってしまいました。
やっぱりPANASONICを買うべきだった、と反省した次第です。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア:居住編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック