2015年02月24日

マレーシアKLの降雨と断水

昨年の春にマレーシアに来て、最初の洗礼が、「計画断水」 でした。


水道に関する記事は以前にも3回に渡って書きました(気になる方はマレーシア居住編のカテ参照)。
そして今年もまた、断水になるかどうかは気になるところです。

と思って時たま、私が住む地域の水源であるダムの貯水量を確認してます。

実は先日、貯水量に大きな変化が生じました。

昨年夏以降、40%を切っていた水位が徐々に回復し、今年の1月には80%水位を超えたのですが・・・とうとう2月からは減少に転じ、現在は78%くらいになっています。

昨年同時期と比較すると、どうやらまだマシなようですが、1月以降、明らかに降雨量が減っています。

特に2月に入ってからは数えるほどしか雨が降っていません。
まあ昨年の6月は1ヶ月間、まるまる雨が降らずにカラカラでしたので、それと比べれば少しは降ってますけど。

となると気になるのが今後のダム水位の推移です。
この後の降雨量次第ですが、やはり計画断水の可能性は考えておいた方がいいでしょう。
断水時の対策もある程度は必要です。

そして一番の心配は、ダムの貯水量が少ないからといって、昨年のように鉱山跡の貯水池からの水補充、などという愚策をKLのお役所が取るかどうか。

いくら高性能浄水器を備えているから、とは言え、元の水が綺麗であることに越したことはありません。

まったく妙なリスクがここにはあるものですよね。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア:居住編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック