2015年02月16日

自作ワイン

マレーシアはワインが結構高い。
よって自作することにした。

問題は、いいブドウジュースを安く買えるかどうか。

いつものAEON BIGに行き、ブドウジュースを探す。あった。

IMG_20150214_104551.jpg

100%果汁とは書いていないけど、砂糖と人工着色料は使っていないそうだからまあこれでいいだろう。
値段は1リットル=6.5リンギ。 約215円。
結構たかい気がするけど、目指すのは日本で買える750ml300円ワインに勝てる味と値段だから、まあこれでいいだろう。

これを5本買い込み、5.5リットルペットボトルに注ぐ。
注ぐ前に少し飲んでみたけど、グレープジュースだ。ちょっと薄い気もするけど。

1パックの半分くらい飲んだから、約4.5リットルは入ったことでしょう。

そして使うのが、ワイン用イースト菌。ここで買ったもの。
http://www.auvelcraft.co.jp/wine/zairyou/index.html#yeast

5gのイースト菌で20リットルを発酵できるから、4.5リットルなら約1グラムか。
ということで約1グラムを投入し、注ぎ口にラップを被せて輪ゴムどめ。

あとは発酵が終わるまでの約2週間放置、と思っていたら1週間で発酵が終わった。
これが昨日のこと。
こちらは気温が温かいから発酵が早いのかな?

ということで早速飲んでみたら・・・何だこりゃ!ウマ過ぎ。
ブドウジュースがブドウ酒に変わっているし、香りもいい。
アルコール度数は知らないけど、きちんとアルコールも入っている。

ふっふっふ。これでオッケー牧場。
コレクションにしていた瓶を消毒洗浄しておいたので、これにワインを注ぎ、酸化防止のための砂糖を入れて保存。
これで1年以上は保存できるはずだけど、多分1ヶ月も経たないうちに飲みきるだろうなあ。

値段は、1リットル当たり約300円くらい。
初期の目標はだいたいクリアしたかな。

でも・・・ビール作りと比べたらバカみたいに簡単過ぎて驚いた。
簡単で美味くて安いなら、こりゃー禁止したくなるよね。


おっと、これは日本国内で作ったお話ではないですので、アルコール度数1%がなんちゃら、とか言わないで!

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 10:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自分用の作業記録メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りんごジュースで作るとシードルになりますよ
Posted by NZK at 2015年02月21日 16:04
ちょうど昨日、仕込みましたよ〜
Posted by 音有 > NZKさん at 2015年02月23日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック