2015年02月04日

マレーシア携帯電話の、ネット接続事情

私の場合、マレーシアに来たのが昨年3月でしたので、実はその時の事情が携帯電話の使用に結構影響しました。


何かというと、以前はLCCTという空港がマレーシアKLにあったのですが、この空港は何と、イミグレ内の制限エリアに、CELCOMというマレーシア最大の携帯電話会社のSIMカード販売店があったんです。

なのでまずマレーシアにきたらここでSIMカードを買って、とやりましたので、携帯電話はCELCOMになってしまってます。

しかし、全然これでOKでした。

我が家は携帯を2回線、持っていて、2つともCELCOMです。
そして工夫したポイントは、カミさんに持たせる1回線はポストペイドにして毎月一定額のデータ通信を自動で可能として、そして私が持つ回線はプリペイド回線にして徹底的にコストダウンを考えました。

もし外出で私とカミさんが2人で出かけるときは、テザリングを使って回線を共有すればOK。
カーナビとかもこれで全然問題ありません。

で・・・問題なのは私が一人で外出したときです。

私自身が外出するときに、カミさんのスマホやSIMを借りるわけにはいきませんから、プリペイドSIMのネット回線を使います。

でもこれ、結構安いんです。

私がいつも使うのはCELCOMのXPAXというもので、これにはSOCIALという超激安プランがあります。
SOCIALの金額は10リンギ(約320円)で、データは150MBまで使えます。

これだけ聞くと 「ふーん」 なのですが、実はこれ、期間設定がありません。
つまり、150MBを使いきるまではずーっと有効なんです。

もちろん大容量ではないので使い方は制限されますが、でもWAZEなどのカーナビやメール、LINEでのチャットなどではかなり使い勝手が有ります。

私の場合、外出といっても頻繁には外出しませんし、外出先でWIFIがある場合もありますので、結構携帯データって使わないんです。

ただデータ通信をONにしたりOFFにしたり、というのは面倒に感じる人もいるでしょうね。

でもこれだけで携帯回線のコストはかなり安くなります。

ちなみにもし私が頻繁に外出する人なら、とてもこれじゃあダメかもしれませんけど・・・幸いにも引きこもりですからこれでOKなんです。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア:居住編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック