2013年09月10日

Forex Pool Maniacs1 「Poolの種類と概要と敷居の高さ」

最近、あまりForex POOLに関する情報を書いてきませんでした。

もうかなり前に色々と書いてきたことなので皆さん分かっているだろう、という気持ちもありますが、それを裏返せばブログ記事を過去に随分遡らないと記事が出てこない、ということにもなります。

ということで今回から何回かに分けて、Forex Pool Maniacsと題してPoolの正しい情報提供と、ノウハウみたいなものも書けたら書いていきます。

今日は、Poolの種類と概要と敷居の高さです。

Poolは、2008年1月が運用開始で、すでに5年半以上、プラスの稼働実績をあげています。

ちなみに私自身は2008年2月から運用開始しました。


●BB系

・種類

BB  おもに日足を使った取引  トレンドフォロー
BBの3倍レバ  EF
BBの5倍レバ  HF 

・初期最低投資額

BB 100万円
EF 200万円
HF 1000万円

・資金拘束期間 
(この期間中の解約や一部出金は総資金の10%がペナルティとしてかかります)

BB 2ヶ月
EF 4ヶ月
HF 6ヶ月

●DH系

・種類

DH  おもにスワップ金利を使った裁定取引
DHの2倍レバ  WH
DHの3倍レバ  TH 

・初期最低投資額

DH 100万円
WH 200万円
TH 300万円

・資金拘束期間

DH 2ヶ月
WH 4ヶ月
TH 6ヶ月

●OL

OLの内容は、HF25%+TH75%に資金を分散させたミックス型 (ファンド・オブ・ファンズのようなもの)

初期最低投資資金  500万円

資金拘束期間  6ヶ月

●PE

BB系のトレンド判定ロジックを利用した通貨オプション取引 (主にショートストラングルを利用)

初期最低投資資金  200万円

資金拘束期間  6ヶ月


以下、一覧表の図を添付しておきます。
ご参考までに。

POOL出資条件.png

続きはまた明日。

ぜひ応援、よろしくお願いします。
posted by 音有 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Forex Pool Maniacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック