2013年01月20日

Forex POOL再入門 BB系1

実は私が19日から香港に出かけるため、時間的な余裕やネット環境(なんといってもチョンキンマンションですからね・・・)、電源などの諸問題があるので、今週のブログは予約投稿して機上の人になります。

ということで、私の書いた本を読んで最近このブログを見始めてくださった方や、ブログランキングで10位台に食い込んできたことで見てくださった方などの新しい訪問者の方もいると思います。

予約投稿では私が手をだしている投資先のひとつ、Forex POOL(以下、POOL)の再入門、ということで書いていこうと思います。

今日はPOOLのフォワード、BB系の再入門です。

BB系とブログでは書いてますが、実は以3つにわかれます。
3つの違いは簡単でして、表にしてみました。

BB EF HF
レバレッジ 1倍 3倍 5倍
最低投資金額 100万円 200万円 1000万円
標準手数料 20% 25% 30%
資金拘束期間 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月


最大の特徴は、レバレッジの差です。
BBを1倍とすると、EFはBBの3倍レバ、HFはBBの5倍レバです。
なのでBBの成績が出ると、EFはおよそBBの3倍の損益、HFはBBの5倍損益、となるわけです。
違いは他にもありますので記載します。

なのでもし手数料を安く、しかも利益も欲しい、ということならHFに入れようとしてきた金額の5倍の金額をBBに入れれば、手数料が10%も安くなるし・・・
というのはちょっと極端ですね。

資金拘束期間というのは、BBなら開始して2ヶ月間は出金、解約してはいけませんよ、という期間です。
もしこの期間中にどうしても出金や解約が必要となってしまった場合は、できなくはないのですが追加手数料をタンマリと取られてしまいます。
なので何が何でも資金拘束期間中の出金はしないよう、頑張らないとなりませんね。

あと、実は標準手数料というのは割引を受けることができます。
私はHFもやっていますが、私の手数料は22.5%なので7.5%も安くなっています。
これは私だから・・・ではなく、誰でも受けることができます。
やり方は、資金拘束期間の自動延長を受け入れる、ということです。

HFでこの資金拘束期間の自動延長を受け入れると、解約や出金できるのが半年に1回だけ、となってしまいます。

でも・・・携帯電話の2年縛りとかを考えたら、半年って全然短いですよね。

明日はBB系のトレード内容について、簡単に触れてみたいと思います。

ぜひ応援、よろしくお願いします。

posted by 音有 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Forex Pool Maniacs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313885438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック