2011年03月22日

あらためて考える、POOLの出資条件

今年に入ってマネアカを真剣に色々と探しましたが、私がチェックしたマネアカとForex POOLの出資条件を比べてみますと・・・

今のところ、マネアカで多い条件というのは、

●最低資金 4000ドル(サークルランド)、1万ドル(その他いろいろ)
●成功報酬 20%〜35%
●資金拘束期間 無しか、もしくは最低1ヶ月

POOLはというと、
image.gif

現状、POOLの人気は偏っていて、レバレッジの高いプランが多いようです。

EF、HF、WH、TH、OL

EFとWHについては、条件が合えばHFとTHに乗り換えたい、という人が多いと思われます。

なので事実上、HF、TH、OL、ということになるのではないでしょうか。


しかし、出資条件を見ると、HFは最低500万円、THは150万円、OLは300万円です。

いずれも1万ドルから、というマネアカよりも随分と敷居が高い、ということが分かります。

しかし、それだけの実績と実力を持っていることも事実なので、この点については文句は無いと思います。

最も異なる点は、資金拘束期間ですよね。

レバレッジの高いPOOLは半年間、解約や出金ができません。
行うにはペナルティとして10%、負担しなければなりませんので、緊急でもない限りは解約しないお金を入れることになります。

つまり、それだけ敷居を高くしても人気がある、ということの現れでしょう。

でも、ファンドマネージャーの考えとしては、短期ではなくて長期で投資出来る人に参加してほしい、ということがあります。

短期で、1ヶ月、2ヶ月でやめたり振り替えたりする人ではなく、長期で、じっくりと取り組める人が望ましい、のでしょう。

結果として成功する人はそういう人なのかもしれません。

POOLは安定してますし、その安定が長期投資を可能とし、さらには半年の資金拘束を受け入れられる土壌を作っている、ということなのでしょうね。

他のマネアカをやってみると、余計にPOOLの優秀性が見えてきます。

ありがとう!ファンドマネージャー!


ブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ ブログ村 FX スワップ・長期投資派へ

まあどれでもいいのでクリックして頂けると、ありがたや〜です。

お読み頂きまして、ありがとうございます。
また時間がありましたら見に来て下さいね!
posted by 音有 at 14:02 | Comment(0) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。