2010年12月07日

POOL透明化に関するコメント その2

結構長文です。

今回は皆さんから頂いたコメントを、ピンク色にしてみました。

 音有様がファンドマネージャー様から聞いたところによると、透明性を高めることは「出来る」のですね。それはいろいろな意味で大変重要な情報です。
 これまで私は、ファンドマネージャー様の個人商店と言っても過言ではないようなForexPOOLの現状のリソースでは、費用対効果等の観点からすると透明性向上のための措置を講じることは客観的に極めて困難又は不可能であり「出来ない」のだろうと勝手に善解しておりました。
 しかし、「出来る」のだとすると話は変わってまいります。
 ここまで透明性向上を求める声が顧客からあがっているにもかかわらず、物理的・費用対効果的には容易に可能だけれども、「する気が無い」・「疑うなら他へどうぞ」と開き直って済ますようなパーソナリティーの持ち主なのでしょうか?
 はたまた、後ろめたい何かがあるため、物理的・費用対効果的には容易に可能だけれども、不都合な真実の露呈を防ぐため「したくない」のでしょうか?
 「出来るのに、していない」のは、「出来ないから、していない」よりも問題の根は深いように思われるのですが、いかがでしょう?
 いずれにしましても、「出来ない」のであれば「出来ない理由」を、「出来るのに、していない」のであれば「していない理由」を機会があれば是非ともお伺いしたいものです。
 回答が頂けるにしても頂けないにしても資金引上げを判断する上での重要な材料になることでしょう。回答が頂けないということそれ自体も非常に重要なシグナリングの一つだと思いますので。
Posted by ぴかぴか at 2010年12月02日 21:42


音有 > ぴかぴかさん

まず、情報公開をやりたくてもできないのか、それともやらないのか、については、正直言って分かりません。
内容の程度によってはできるでしょうし、もしかしたら米国の法律で縛られている部分もあるかもしれません。
私個人的には、POOLの存在を脅かすような情報公開はしないと思ってますが、公開しても差し支え無い部分についてはドンドン公開して欲しい、とは思います。
「する気が無い」・「疑うなら他へどうぞ」と開き直って済ます、という部分については、悪い意味ではなく、別の意味であると思います。
誰でも犯罪者、詐欺師呼ばわりされれば面白くないでしょう。そう思う人は遠慮して下さい、と思うのは仕方のないことではないでしょうか。
私としては以前から何度か記事に書きましたように、99%ファンドマネージャーを信用しています。ただ、残り1%を埋められない、と思ってます。
私がそう思っているからこそ、ファンドマネージャーは私からの不躾な質問にも誠実に答えて下さっていると思います。
私が求めるのは、現時点での情報公開で満足して欲しくない、ということなんです。


音有様、コメントありがとうございます。
疑えばキリがないので本当に巧妙に仕掛けようと
思えばファンドマネージャーと広告ブログ主がグルで騙そうとするのは可能なんじゃないのかと言う意味で書き込んだので現段階で音夕様を疑っているわけではありませので証明なんて必要ないですよ、逆にPOOLを紹介して下さって感謝しております。
私がここ何日かで書きこまさせていただいたネガティブな疑問は別にPOOLに対してではなく
世間一般の投資商品広くは金融に対しての信用性の是非です。究極はペーパーマネーなんて所詮発行体が破綻して信用性がなくなれば紙クズになるものですから。
逆にPOOLの売買履歴の公表等をしていただいても100%信用するまでにはならないでしょう
投資は所詮自己責任だしリスクもあってしかるべきですから。
私も透明性を高めて信用度を増やしていただきたいと思いますが、ファンドマネージャーからすれば安心材料を与えていいけども投資である以上リスク0にはなりませんよと言うことだと思います。
私も投資しているのでなるべく不安にはなりたくないのですがしかしリターンが欲しくて自己責任で参加してるのでリスク0の状態でのリターンは無理ですよね、詐欺や運用失敗リスクも含めてですが。
やはり投資は最後は個人の自己責任と言ったところでしょうか。
歯切れが悪くまとまらない意見ですいません。
Posted by たかりん at 2010年12月03日 00:04



音有 > たかりんさん

まあ私がファンドマネージャーに騙されているなら、それは向こうが上手だった、ということですね。
それだけでは到底済まないですが、しかし騙されているのなら私も被害者になりますし、かなりの金額を入れていますので大きな被害を私も被ります。
ただ、同じ被害でも運用失敗による損失はあきらめられますが、詐欺被害はあきらめられない、というのが本音だと思います。
リスクゼロというのは信用面のリスクですので、これは限りなくゼロに近づけることを皆さん期待しているわけです。
ただ、たかりんさんの言うとおり、どのような結果であれ最終的な責任はすべて出資者にある、ということは忘れてはならないと思います。
なので余計に信用面で情報公開を求めたいのでしょうね。



ハイリスクハイリターンと納得して投資するしかないのではないでしょうか?
これだけの収益を上げているのにローリスクが保証されるとしたら、出資希望者が殺到してとっくにクローズされていると思います。

初期から出資されていればかなり利益が出ているので、利益分を残して元金を出金すればいいだけです。
POOLにはそれだけのリターンを与えてもらってますので私はそうしてます。
Posted by KAZU at 2010年12月03日 13:32


音有 > KAZUさん

私はハイリスクとはまでは思っていません。ローリスクだと思っていますし、思うようにしています。
ただ、ローリスクだとしてもPOOLは敷居が高いし宣伝はしていないし、WEBサイトは更新されていないので口コミだけで広がる分、資産増加はゆっくりとしたペースなのでしょう。
利益分を残して元金を出金、というのは実に正しいと思います。
利益分だけを残して運用するなら信用面の心配はしなくてもいいですからね。
私も見習いたいです。


透明性ってそんなにないですかねぇ?
poolは監督官庁がアメリカのCFTA?ですよね。
外国籍の投資信託も保有してますが、
そこと比べて特に不透明だとは思えません。
と言うのも、株式を投資対象にするのと違い、
戦略が全ての収益源ですから、そこがバレると一瞬で破綻します笑
年次報告書とか、大半は無駄情報だし、
poolであれば不要だし。

結局Administration feeでパフォーマンス
低下するならない方がいいです。
自分は、ですが。
Posted by Sawa at 2010年12月03日 18:50


音有 > Sawaさん

日本人である我々には馴染みがありませんが、FXWIZはNFAとCFTCに入っているので、米国ではきちんとした許可を得た企業であり、ファンドです。
ファンドマネージャー個人名もきちんと出てきますし、その意味では非常にきちんとしています。
私が最近調べたとあるアメリカのファンドでは、CFTCが監督官庁のはずなのに入っておらず、その理由を問いただしても適当な言い訳じみたことを回答して終わり。
こういう会社と比べると非常に優秀だと思います。
なので私は99%の信用を置いています。
ただ、そういうことをファンドマネージャーも前向きにアピールしませんし、WEBサイトも放置状態だと、それは普通の人は心配になりますよね・・・



>>たかりんさん
音有さんをフォローするためではなく、私のケースとして事実を書きます。
ファンドマネージャーとブログ主がグルじゃない?と懸念されている点ですが、私の場合ForexPOOLに出資してからこのブログの存在を知りました。
ここを見る前に、ファンドマネージャーに直接、運用方法やら何やら質問し、納得した上で出資した流れです。
既に2年以上前のことなので、当時はファンドの規模も小さかったのかもしれませんが、丁寧で熱心な対応で、安心して任せられると感じました。
実際に運用していなければ出てこないだろう回答も聞けましたし、初回の出資後すぐに一度出金してみましたが、それも滞りなくスムーズに出来たのもプラス材料と思っています。
私は信用できると分かってからこちらのブログを知りましたので(確か「ForexPOOL」で検索して見つけました)、そのような懸念は欠片も感じません。

>>投資である以上リスク0にはなりませんよ
これはその通りですが、私はリスクには2通りあると思っています。
一つは運用損失を被るリスクと、もう一つは、業者リスクです。
言い換えるなら詐欺の可能性ですね。
前者は資金運用である以上、ゼロに近づけることは出来てもゼロにすることは不可能です。
しかし後者は安全か否か、2つに1つです。
業者リスクだけは絶対無いと言い切れる状態でなければ、どんな高成績な投資もやるべきではない、と思っています。

どうやったら安全だと確信できるか?が議題なのは分かるのですけどね。
しかし情報が提供されるのを待つだけだと、いつまで経っても確信を得ることは難しいと思いますので、やはりご自分からアクションを起こす必要があると思います。
その結果、どうにも安全だと思えないなら損失を出す前に撤退する、という選択肢を選ぶことも重要だと思います。
なにしろヘッジファンドなんて星の数ほど存在しますからね。
ひとつのファンドに固執する理由なんてどこにもありません。
Posted by しゅう at 2010年12月03日 19:09


音有 > しゅうさん

しゅうさんはそういう経緯ではじめたのですね。参考になります。
情報収集はしゅうさんなりにやられた結果、信用を置いた、ということだと思いますが、なかなか普通の人はそこまでできないかもしれませんし、聞いても判断出来ないこともあると思います。
そういう意味でも私などがブログで情報を出すことで、少しでも分かりやすくなればいいかな、と思っております。
その上でブログを読まれた方が撤退の判断、追加出資の判断をされるとよろしいのではないか、と思います。


しゅう様
ご助言ありがとうございます。
最近121FUND,エンゼルファンド等が
破綻しておりますので、私も多少神経質に
なっていた感があります。この先確信が持てれば徐々に出資金を増やして行く予定です。
色々な情報ありがとうございます。
またこのような場をご提供して下さっている
音有様にも感謝しております。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by たかりん at 2010年12月05日 20:46


音有 > たかりんさん

そうですね、確かに今年は121FUND、エンジェルファンドが詐欺破綻しまして、それ以外にも色々なファンドが破綻や詐欺として告発されていると聞きます。
とある国会議員の兄弟とかもそういう詐欺をやって捕まってますしね。
なので皆さんの不安はとてもよく分かります。
同時に私も、もしPOOLが破綻したら・・・と思うと気が気ではありません。
破綻と言っても詐欺だけではありませんからね。
なので多少神経質なくらいでも良いと思いますよ。



>>Sawaさん
昨年の9月からかれこれ1年以上更新がありませんが…。
ForexWizardのHPには「WizStrategy」というのがあります(ました)。
それはユロドルとドル円のスイングトレードのトレンド予測と、架空の売買ロット数が掲示されていました。
更新から3日から1週間程度遅れで発表されるForexPOOLの週報の内容と照らし合わせると、モロにBBの運用指標であることが読み取れました。

タイムラグとしてはほとんど無いに等しく、目標TPなども書いてあったので、キチンと予測が出来ないとすぐボロが出る内容です。
それでちゃんと勝っている内容を書いていたので「BBは勝っている。本物だ」と確信を得ていたんですよね。

そのへんを見ていると、BBの売買ロジックはそんなに複雑じゃないのは読み取れます。
日足のMAでトレンドを読み、フィボナッチか何かのテクニカルでTPを設定。
SLはルールが明確ではありませんが、反転シグナルでドテンはよくやっていますね。
非常にスタンダードな手法+αといったかんじです。
+αの部分はファンドマネージャーの裁量であり、経験であると感じています。


個人的にForexPOOLの透明性は十分な水準だと思っています。
ただそれが分かるのは、実際に出資して週報を受け取り、売買方針や実績が理解できるくらいの経験が必要と感じます。
一番の問題は、それがHPなどから一見の人には全く見えないことでしょう。
ここ1年、全く更新がありませんし、一見すると破綻したファンドの残骸にしか見えません(笑。

そのことはファンドマネージャーに要望として伝えましたが「ご意見ありがとうございます。時間が出来たら改善するかもしれません」といった対応でした。
このへんの大雑把さというか危機感の無さというか…アメリカンなところが2番目の問題だと思っています。
Posted by しゅう at 2010年12月05日 23:42


音有 > しゅうさん

WizStrategyは私も良く見てました。今はみてませんが・・・
透明性を高めることや、信用を得ることは何かひとつのアクションで可能になる、ということは無いと思います。
私もWizStrategyを見て、その通りにBBのトレードが週報で分かって見てたときはとても信頼していましたからね。
WEBサイトについては、色々と事情があるようですので、もう少し対応を静観しても良いと思います。



皆様、情報提供ありがとうございます。
タオパイパイ様もご苦労様です。

あまりネガティブには考えたくないですが、ファンドの場合、確信犯的、合法的、計画的に破綻させる事は可能なのではないのでしょうか、例えば
自動売買機能が暴走して50%ドローダウンで止まるはずがレバレッジミスで破綻しましたとか、いくらでも合法的に理由はつけられますから。
要は金融と言うものは貨幣でも国債等でも発行体の信用の元に成り立っているものですから、そこに力を入れるべきだとも思いますね。
パフォーマンスも大事ですが、これも出資者を喜ばせるように捏造も可能でしょう。
私も出資しているのでネガティブすぎる考えはしたくないのですが、正直現状おっかなびっくり
投資です。
将来解約してお金が公表どうり嘘偽りなく口座に
振り込まれるまで100%の信用は多分できないでしょう。信用に関してはpoolだけではなく最終的に海外の大手オフショアファンド会社はじめ銀行や国にも言えることですが、預金封鎖やデノミも可能性としてはありますから。
兎に角、ファンドマネージャ様には期待しておりますので、がんばっていただきたいです。
Posted by たかりん at 2010年12月02日 21:00


音有 > たかりんさん

確かに確信犯的であれば、他人のお金を預かった時点でもう何でもアリです。合法的に処理することは幾らでも出来るでしょう。
ただ、それによって得られるものはお金しか無く、それ以外の積み重ねてきたものはすべて失うことになります。
100%の信用ができないのは私も同じですが、99%までは信用出来る状況は作れると思いますよ。


 なんだか、随分と騒がしくなって来たような気がします。こんなにも多くの人が懸念されているとは、予想外でした。そんなに懸念が大きいのであれば、資金を引き上げるか、投資額を減額されては如何でしょうか?
 私は全面的に信用していますので、多額の資金を投資していますし、来年には更に追加する予定です。
Posted by joyful at 2010年12月03日 00:17


音有 > joufulさん

多くの方の懸念は、ある面では仕方のないことだと思います。
私やjoyfulさんはファンドマネージャーを信用していますが、他の多くの方は会ったこともないですし、会話されたことのある人も少ないと思います。
不安を押し殺してストレスを抱えたまま続けるのであれば、やめるのではなく、安心できる情報を出してくれるように求める方がスマートではないでしょうか。
よりよい状況を作るのは何もファンドマネージャーだけの仕事ではないと思います。
我々出資者の意見を素直に伝えること、これは私たちにも出来ると思います。


本当にお騒がせして申し訳ございません。joyful様ご指摘のとおりそんなに不安なら投資するなよと言うのはごもっともです。
心配性な私もリターンが欲しくて恐る恐る投資している状態です。
ただ121ファンド破綻やインチキ自動売買EA商材ブームでも思った事ですがほとんどの投資者はドローダウンの少ない且つほったらかしで安定した利回りの投資先を求めてますよねだから121ファンドにもあれだけ多額な資金が集まった訳です。
poolのパフォーマンスが嘘偽りのない実運用を公表してくれていると信じていますがそれが投資者を安心させて解約に至らせない為の嘘の公表だとしたら問題です。
現時点で宗教のように狂信するのも危険ですから。
やはり投資は時間が経たないとわかりませんから今はただ信用して任せている次第です。
Posted by たかりん at 2010年12月03日 21:20


音有 > たかりんさん

そんなに不安なら投資するなよと言うのはごもっとも、という点ですが、不安だからこそ情報公開を求めるのも正しい行動だと思います。
その行動の結果を元に更に判断と行動ができるわけですからね。
なので宗教のように狂信する必要は無いと思います。
不安なら不安ですし、1%の不安でもあればそれは不安を解消したいと思うのは当然です。
なので恐る恐る投資している姿勢は、怖がりすぎて何も手を出せない人より100倍素晴らしいことだと思います。
何と言っても投資はかならずリスクが有るわけで、リスクを取れない人はリターンを得ることができませんからね。






私は今までファンドマネージャーに会って質問したり、メールのやり取りで根掘り葉掘り聞いたり、出てくる週報を分析してきたりしたのもすべて細かい情報収集を積み重ねて、決定的な安心材料の追加が無い中でも色々な状況証拠の積み重ねで信用するに値する、と判断してきました。

ただ、同じように私が何度か記事に書いてきましたが、今はまじめにやっていても、もし将来的に苦境に陥った場合、顧客資金に手を付けることができる環境にあるのか、顧客資金に手を付けたくてもできない環境にあるのか、というぎりぎりの選択を迫られたときです。
一番はそういうぎりぎりの選択をしたくてもできない、つまり何をどうやっても顧客資金に手を付けられない、というのが一番なわけです。

そういったことを想定した場合、私の最終的な判断はやはりファンドマネージャーのまじめさというか、道徳心というか、ビジネス思考というか、そういう人間性に関わってくる部分だと思います。

その意味で私個人の拙い人生経験とファンドマネージャーとのやりとりを思い返したときの考えでは、やはり大丈夫だろう、と思えるのです。

非常にアナログな感覚でしかありませんが、最終的な判断はこういったものではないでしょうか。

何か私にはすべてをまとめられませんが、私が思った以上に皆さんが真剣に、しっかりと考えていらっしゃるのでその点は安心しました。

人間、行動をやめて、考えることをやめたら駄目ですもんね。

posted by 音有 at 16:43 | Comment(4) | 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
音有様

ご返答ありがとうございます。

今回のpool透明性議論?は音有様初め皆様がpoolに出資しておられる真剣な姿勢と言うか熱が非常に伝わってきて私としては大変有益に受け止めさせていただきました。
多少喧々諤々にはなりましたが掲示板が荒れることなく皆様の建築的で適切なご意見をお聞きする事が出来て嬉しく思っております。
また私自身の安心材料にもなりました。

音有様、皆様に重ねてお礼申し上げます。



Posted by たかりん at 2010年12月08日 19:01
あぁ、確かにwizstrategyは見ていて便利でしたね。
今でも有ったら良いなぁと少し思います。

けど何千万単位で出資している人がいるとなると、
アレだけ公開すると逆算してアルゴリズム見つけて
自己取引にシフトする人とか出て来そうな気がします(^^;;
Posted by sawa at 2010年12月10日 07:38
私も今回のやり取りはとても良かったと思います。声を出された方も、出されなかった方も、今後ともよろしくお願いします。
Posted by 音有 > たかりんさん at 2010年12月15日 14:47
自分で取引することができたらそれが一番ですよね。
しかし私も含めて皆さん、中々出来ないのだと思います。
だからwizstrategyを公開していたのかもしれません。言ってしまえば今の週報でも出ていますしね。
Posted by 音有 > sawaさん at 2010年12月15日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。